メガソーラー採算

発電実績を必ずつける

モジュール出力保証とは?

 

太陽光発電モジュール(パネル)の出力性能を一定期間にわたって保証し、何らかの理由から規定よりもモジュールの発電性能が低下したときには、メーカーが自身の責任で、問題があったモジュールの修理や交換に応じるサービスのことです。モジュールの公称最大出力値に一定の割合をかけて「最大出力の下限」という値を求め、さらにこの「最大出力の下限」に一定の割合をかけた値を基準値とします

 

例えばシャープの保証の説明では、「太陽電池モジュールの出力は、最大出力の下限値(公称最大出力の90%)の90%までを10年保証します」とあります。つまり公称最大出力の90%を「最大出力の下限」とし、さらにその90%を「保証の基準値」にするということです。簡単にいえば、この場合は公称最大出力値に 0.9 × 0.9 = 0.81 を乗算した値が保証の基準値になります。保証条件がこの内容で、モジュールの公称最大出力値が仮に200Wだったとすると、「保証の基準値」は以下のとおり162Wとなります。

 

モジュール出力保証は適用されにくい!

 

実際にモジュール出力保証のサービスを利用するのはそれほど簡単なことではありません。普段の運用で、屋根の上にあるパネルが何パーセントの割合で出力しているのかなどわかりません。つまり、よく注意して使っていないと、「なんとなく出力が少ない」という程度の話になってしまって、それが本当は出力保証を受けられる問題なのか、外部的な要因(日照がよくないなど)なのか簡単には判断がつきません。こうした問題に敏感になるには、日ごろから、自分が所有する発電モジュールの性能値を記録しておくしかありません。きちんと記録したところで、発電量がお日様まかせであることは同じですから、たとえ「1年前と比較して少ない」としても、それがモジュールの障害によるものかどうかはすぐには特定できません。しかし記録があれば、発電量の継続的な減少を数値で追跡できますし、メーカーに問い合わせるときにも具体的な数字を提示できます。

 

モジュールの出力保証があるから安心だと思わないでください。発電実績がなければ保証すら受けられない可能性があります。必ず毎日記録しましょう!

 

 

そもそもメガソーラーは採算とれるのか?と思っている方へ

現在のメガソーラー市場

既に参入しているメガソーラー事業者の現状

世界の太陽光市場(日本のこれから)

 

この様な観点から当サイトのトップページで詳しく解説していますのでご覧になってみて下さい。
メガソーラーは採算が取れるのか?

メガソーラー採算

 

どこに見積もり依頼されるか決めかねている方は、一度タイナビで複数の販売店へ見積依頼される事をおすすめします。

              メガソーラーの利益

設置実績No.1(85,200件)

登録販売店数No.1(384社)
顧客満足度No.1(92.3%)

 

タイナビなら最大5社へ無料でシュミレーション・見積もり依頼ができ、複数社のシュミレーションを比較できます。もちろん無料です。

 

※入力項目で不明な所は「わからない」という選択肢が用意されてるので安心です。
              メガソーラーの利益
⇒メガソーラーを無料で一括見積もり【タイナビNEXT】の詳細を見る

 

相談者の方の中には、
太陽光発電の一括見積もり(シュミレーション)=申し込み??
と思っていらっしゃる方も多いのですが、
「検討材料集め」ですので、気軽な気持ちで依頼してみましょう!

 

 

 

 

【おすすめ記事】

メガソーラーで成功する秘訣は「販売店選び」

メガソーラーはこんなに儲かる?

メガソーラーに補助金は出るの?

メガソーラーの現状と今後について【トップページ】


ホーム 施工販売店の選び方 太陽光発電はこんなに儲かる! メガソーラー 価格・比較なら