メガソーラーの利益

メガソーラーの利益を知る

グリーン投資減税

メガソーラー(産業用太陽光発電)は一般的に高額な投資とされています。

 

しかし、投資した額に比例して利益も半端な額ではありません

規模に応じた初期費用です。
           メガソーラーの利益

【メガソーラーの最小規模1000kW】

2億5千万円。

 

【産業用太陽光発電50kW前後(主流の規模です)】

1500万円。

 

【産業用太陽光発電の最小規模10kW】

300万円で産業用太陽光発電事業を始める事も可能です。

※大企業や投資家の方でなくとも始められる金額です。

実際にどの位の利益が出るのか?

を既に導入されているメガソーラーの利益を発電シュミレーションで見ていきましょう。

メガソーラーの利益シュミレーション

※下記は既に運転中のメガソーラーです。

設備規模:1000kw (メガソーラーの最小定義)
1kwあたりの年間発電量:1100kwh
売電単価:37.8円/kwh 20年間・発電電力全量買取
初期投資額:2億5000万円
100%自己資金
メンテナンス費込み (20年間)
自然災害保証込み (20年間)

 

上記でシュミレーションした場合、

 

20年で得る売電収入は4億7215万円になります。

 

初期費用の2億5000万円を差し引くと

20年間で2億2215万円の利益となります。

 

これに含まれていないのが固定資産税です。

 

固定資産税はメガソーラーの固定資産税で詳しく解説していますので、計算は割愛します。

 

※上記システムの場合
初年度の固定資産税 = 218万円
翌年の固定資産税   = 204万円
翌翌年の固定資産税 = 174万円

 

17年で減価償却し終わりますので、
20年間の固定資産税は合計1040万円になります。

 

従って、固定資産税を差し引いたこのメガソーラー発電所の最終的な利益は、

20年間で2億1175万円の利益になります。

 

年間の利益に換算すると、1058万円

 

利率にして4%〜5%です。

(※注)グリーン投資減税(100%即時償却)などでの節税効果は含まれていません。

 

どうですか?思ったより利率が悪いと感じられたと思います。

 

それは、ネットなどで広告している産業用太陽光発電やメガソーラーの販売店等の誇大広告(?)によるものが大きいと思います。

 

 

想定金利9%〜11%


 

 

実質金利10%以上


 

販売店の中には上記の様にうたっているところも多いのですが、よく確認が必要です。

 

想定金利11%から、メンテナンス費固定資産税、後は上記のシュミレーションでは盛り込まれている自然災害保証やその他盗難補償等もオーナーによって付与する場合、もっと利率は下がります

 

初めにご紹介した実際に動いているメガソーラー発電所のシュミレーション結果にすると、

節税効果も含めると実質金利は6%〜8%位になると思われます。

 

実質金利6%〜8%は低い?

 

ハイリスクな投資商品を除外した場合、年利6%〜8%はそこそこ良い金利だと思います。

 

ですが、6%〜8%の金利をもう少し上げようとすると、下記3つのどれかを実践するしかありません。

 

初期費用を抑える

 

発電効率を上げる

 

規模を大きくする

 

2番、3番の「発電効率」と「発電所の規模」を変える事は、難しいのが現状です。
システムの限界もありますし、予算も限られています。

 

従って、初期費用を安くする方法が有効ですが、現時点でかなり低価格になっているメガソーラーシステムを更に安くしようとすると、

 

販売店の「言い値」である設備費用を下げていく方法が有効です。

 

もし太陽光発電導入を検討されているのであれば、複数の見積もりをとり、価格を競わせると、

すぐに値引きが始まります。

 

太陽光発電設備費用が「言い値」だという事はあまり知られていないと思いますが、これは事実です。

メガソーラーの利益

複数の販売店で競わせれば直ぐに下がります。

 

よく大型電機店に売られている、「メーカー希望価格」ってありませんか?

 

あれです⇒

 

価格が設定されているようで、実際は現場に任せている。

 

太陽光発電設備の規模は大規模小規模いろいろありますが、、

 

やはり大型になればなる程値引率も大きくなるのはどの業界でも同じですね。

簡単に相見積もりにするには一括見積もりサイトが便利です。

 

既にお気に入りの販売店が複数ある!

という方は、

 

一括見積もりサイトを利用しなくても、それぞれの販売店から見積もりやシュミレーションを取り寄せる方法でももちろん問題ありません。つまりはいろんな販売店から見積もりを取り寄せて、価格やサービスを競わせる事が大事なのです。

 

一括見積もりサイトを利用すれば、ご自分が何もしなくても既に競争が始まっている状態で見積もりが届くので、便利と言えば便利ですね。無料ですし。

 

もし優良販売店を探している方でしたら、下記タイナビがいいと思います。

 

他にも一括見積もりサイトはありますが、設置実績No.1(85,200件)登録販売店数No.1(384社)顧客満足度No.1(92.3%)と他と違い過ぎるので、他の一括見積もりサイトを利用する理由があまり見つかりません。
            メガソーラーの利益
無料で複数のメガソーラー販売店へ一括見積もり【タイナビ】の詳細を見る

全国に数千存在していると言われている販売店の中から厳正な審査を通過した400店弱まで絞られた優良販売店から見積もりがもらえるのも安心の一つです。

 

全部無料で利用できますので、太陽光発電導入を検討されている方は一度ご覧になってみて下さい。

 

他に利益を出している企業は?

 

私達がメガソーラー事業は利益を出しているのか?赤字になっているのか?を予想するとすれば、撤退した企業を探る事です。

 

ソフトバンクを筆頭に大企業、投資家の方々がメガソーラー事業に参入されていますが、私の元に入ってきている情報で撤退した企業は1団体のみで、理由は共同経営者が見つからず計画段階で撤退という事です。

事業をスタートして撤退した企業は今のところありません。

 

もし、メガソーラー・産業用太陽光発電の導入を検討されているのであれば、信頼出来る、正直な販売店を見つける事が利益を最大にし、20年間安心して太陽光発電事業を始める最良の方法です。
利益を追求する事は良い販売店を見つける事ですので、販売店選びをしっかりと行う事が大切です。
            メガソーラーの利益
⇒メガソーラーを無料で一括見積もり【タイナビNEXT】の詳細を見る

 

 

【おすすめ記事】

メガソーラーで成功する秘訣は「販売店選び」

メガソーラーはこんなに儲かる?

メガソーラーに補助金は出るの?

メガソーラーの現状と今後について【トップページ】


ホーム 施工販売店の選び方 太陽光発電はこんなに儲かる! メガソーラー 価格・比較なら